logo

診療内容

医者になって、見落としをなるべくしないように教育されてきました。
脳の専門医でもあるのですが、脳に関連する脳以外のところ、糖尿、高血圧、など全部見るようにしてきました。
一つだけではなく、全身を診るようにします。
高血圧などが進んできた時に、脳の病気が隠れていないか診るようにしている。病気を早く気付くことが大切と思っています。

また、高血圧は自覚症状が基本ありません。
自分では感覚で「自分は問題ないから」と思っていても、科学的な診断や生活指導がないと、 5年後、10年後大変なことになっている方もいらっしゃいます。

当院はMRIや血管年齢の機器も患者さんが検査を受けやすいものを入れています(圧迫感がないオープンMRIなど)。

患者さんの立場からしても上からこうしなさいと断定して言われるといやと思いますし。きちんとしたわかりやすい説明が欲しいのではと思っています。

患者さんが求めていることがわかれば、それに対するわかりやすい治療の答えは出すように努力しますので、ちょっとしたことでも言ってください。

診療

【高血圧】
□血圧が気になりだした(上の血圧が135mmHg以上、下の血圧が85mmHg以上)
□頭が重い
□時々頭が痛くなる
□長い間肩こりに悩まされている
□立ちくらみを感じるようになった
□辛いものが好き
□体重が増えてしまった

□にチェックが一つでも入った方
症状がなくて、そのままにしていると病気が重くなることも多々あります。
高血圧などによって、動脈硬化は静かに進行していきます。
気を付けて、戻るレベルと気を付けてももう戻らない時期までいくと大変になります。
検査をするとその状態やタイミングがわかるので、まずは検査をしましょう。

なかじま脳神経外科の3つのこだわり

なかじま脳神経外科の3つの取り組み

なかじま脳神経外科では3つのこだわり、
「脳がどうなっているか、動脈硬化が進行していないかを心配して、状況を知りたいと思われる患者さんのご要望に 応える意味でもMRI検査や、血管年齢検査などを含めた高血圧検査や治療をおこなっています。」
「さまざまな原因からの高血圧治療のアプローチを行います。」
「ご自身の健康を放置されている方が多いと感じています。 そういう方のために、生活習慣や食事の指導、運動のやり方などもお伝えしています。」
を実現する ために3つの取り組みをしています。

  • 「血管年齢を診て、血圧を測って、MRIを検査。 検査データを見て「異常あり、異常なし」。生活習慣病の資料を提示しながら、健康状態を把握してもらって、今後何をすればいいか治療計画を提示」

  • 「患者さんに家庭血圧を記録してもらって、血圧手帳にチェックしてもらってそれに応じた治療をオーダーメイドでしています。」

  • 「運動と食事の指導。僕自身もジムに通って、自分でもちゃんと運動しています。」

高血圧治療は

なかじま脳神経外科

なかじま脳神経外科

  • 〒669-1512
    兵庫県三田市高次1丁目2番5号

    TEL:079-565-1015

    営業時間 (月・火・水・金)
    9:30-13:00 16:00-19:00
    ※木・土曜日9:30-13:00

    FB twitter Instagram You Tube